千葉県のゴルフ場情報

袖ヶ浦」カントリークラブ 新袖コースの情報

ニチレイレディースのプロゴルフトーナメント開催コースです
所在地:千葉県千葉市若葉区富田町1140 
開場日 1965年11月20日
ラウンドスタイル: 全組キャディ付きに限る。歩いてのラウンドでツーサムも可。

 

 

練習場 あり 240Y  15打席 宿泊施設 なし 宅配便: あり
林間・丘陵コース グリーン: ベント&コーライの2グリーン  18ホール パー72

 

コース OUT・IN
コース概略 
なだらかな丘陵地の展開される18ホールズのゴルフ場で林間コースでもあり少し丘陵コースも混じっています。
それなりに変化に富み、谷越えあり池越えあり、打ち下ろし、打ち上げ、ドッグレッグなどが左右がうっそうとした林の中に展開するコースです。
それらが平坦なホールの中に織り込まれ、強い印象を与える。

 

アウトは左側にOBが多いです。
インは逆に右側にOBが多く、持ち球によって好き嫌いが出やすいです。
全体に正確さが要求され、距離は第2次的といえるようです。

 

私ニチレイレディースの大会を見に行ったの少しコースの様子をお伝えいたします。
全体的にかなり落ち着きのあるオーソドックスなコースと言えます
ドックレッグ以外のホールはグリーンまでの展望が望めるコースです

 

グリーンは、絶妙なタッチを求めらるはずです。

 

トリッキーなホールはありません 
でも油断は禁物 グリーン周辺はかなり難しいガードバンカーがところどころにあります。
それもかなり深いバンカーです 
ですから入れてはならないバンカーを見極める事が必要となります

 

グリーンは殆どのホールは受けていますが 安心してはなりません 
傾斜がかなりあるホールではボールにスピンを掛ける事が出来る方が良い結果を出せる感があります。
とにかくグリーンは曲者と言えます。
さすが名門のコースと言われる由縁を感じる事があるはずです。

 


ちなみに10番ホールはややストレートに近いロングホール1打目の飛距離がかぎとなるホール
かもしれないです

 

飛びすぎると2打めのライが下りのライになりショットを難しくなる事になる3打目勝負でぐりーを狙うのが安全です。

 

11番ホール
ショートホール 
右奥のグリーンはかなり傾斜が強いしガードバンカーも深いので要注意です
又左のグリーンも左サイドは傾斜がかなりあるようです。

 

12番ホール
ミドルホール 右ドックのホール
打ち出しはからは打ち下ろしのティーショットとなるので距離は稼げるホールです
右サイドはOBゾーンがあります。
2打目は打ち上げとなるります

 

グリーンは受けているがガードバンカーに入るとかなり手ごわいです
グリーンの狙いどころによっては難しいパター勝負が待っています。
危険を避けるのでしたら手堅くピン手前から狙うのが正解です。

 

13番パー4 
ややストレートのホール
ティーグランドからはわずかではあるが打ち下ろしのホール

 

見晴らしは良いです左右にクロスバンカーが目に入ります。
2打目を考えると最初のティーショットで距離を稼グ必要があります
しかし左右にぶれるとパーは難しくなるリます

 

右サイドのグリーンはガードバンカーの存在が緊張を高めています。
左サイドのグリーンはガードバンカーはありません。

 

14番
ミドルホール
平坦な打ちだしのホール距離を欲張ると難しい下りのライが残る厄介なミドルホール
右サイドにはクロスバンカーが2つ存在します グリーンは左右とも受けています。

 

15番ホール 
パー4 
打ち出しのティーグランドは軽い打ち下ろしとなる左ドックのホール
ここのティーグランドは良く見ると左足上がりとなっているので1打目のショットには注意
ねらい目は左サイドのバンカー周辺となります。
フェアウエの幅が狭いので方向性が肝となるホール。

 

縦長のいやらしいガードバンカーの存在に要注意 
直にグリーンを捉えないと難しいアプローチが課題となるかも知れません。

 

16番ホール
打ち出しはわずかではあるが打ち下ろしの右ドックのパー4のホール
左右の両サイドに立ち木が1本ずつある その丁度中間あたりが1打目の狙い処
右サイドの立ち木には要注意2打目をかなり難しくするショットを放つしか手はありません。
パーを取る事は先ず不可能となります 

 

グリーンは狙得ないし距離感が難しくなるホール右サイドグリーンは要注意。

 

17番
ショートホール
ティーグランド先にこじんまりとした池があり何本かの小さな木々がある 
庭園風のホールが印象的です 
景色に気をとられ油断するのは禁物 
グリーンはボールの落としどころを間違えますとパーであがるのはかなりの難しい事になります。
左サイドにも3本の小さい木がありミスショットは完全に手痛い目にあうホールです 
グリーンの落とし処によっては3パットもあります 
グリーン周辺には3つのガードバンカーがあります。

 

18番ホール
パー5
1打目の狙い処にフェアウエーに食い込んだクロスバンカーがあります。
距離が出る方は当然バンカー超え行きたいと思わせるホール 
手堅く行くにはバンカー手前がベスト
又右サイドの立ち木にには要注意 
なをグリーン周辺はガードバンカーが多数存在するスリリングなホールです。
袖ケ浦カンツリークラブ 新袖コースの公式のホームページ

 

楽天SGC

関連記事